砂利を利用して綺麗な庭造りやフェンス作りをする~お庭改善局~

砂利

芝生管理を行う

剪定

害虫がたくさんいるような芝生ですが芝生を焼くことで害虫処理をすることができます。近年ではたくさんのひとがりようしているのです。また、芝生を焼く時は周りに気をつけましょう。

詳しくはコチラ

安定した草刈りを依頼する

草刈り

草刈りする時は、一定の長さに狩る必要があります。手作業でかるのは大変な作業ですが草刈機を利用することで綺麗にかることができます。草刈りを丁寧にしてくれるような業者もあります。興味がある人は利用してみるのもいいでしょう。

詳しくはコチラ

砂利を上手く利用する

防犯効果もある砂利を購入するならオススメのサービスがありますよ。まずはコチラをご覧になると良いでしょう。

庭を手入れするときに一番面倒な作業が草刈りですね。コチラの業者に頼めばスピーディーに終わらせてくれるのでオススメですよ。

ウッドフェンスの基礎

剪定

新築住宅が完成したら、自分で外構工事をしたい人もいるかと思います。 フェンスを付けたり、ウッドデッキを作ったり、芝を張ったり、ここ最近ではDIYが流行り、ホームセンターなどでは材料、道具など簡単に手に入れれます。 そこで今回はウッドフェンスの作り方、ポイントについてです。 フェンスを作るにはまず土台(基礎)が大事です。 基礎を適当に作ってしまうと、台風などですぐに倒れてしまい、隣家に迷惑をかけたり、道路側に倒れると大変な事故に繋がりかねません。 今回はホームセンターなどに売ってある、基礎ブロックを使います。 庭に穴を掘ってコンクリートで埋めてあげれば簡単に設置できます。 そこでポイントは基礎ブロックを置く前に、掘った穴に砂利など入れて水平に調整をすることが大事です。 この作業を怠ると、柱を建てた後に高さがバラバラになってきれいに出来ません。 後は、コンクリートを入れて固まったら基礎は完成です。

ウッドフェンスの柱とフェンス部分

いよいよ柱からフェンスとなる部分です。 基礎ブロックに柱を立てていきます。 綺麗に同じ高さに揃っていたら基礎をしっかり出来ているでしょう。 後は横板を取り付けていきます。 一人での作業だと、板を持ちながらのビス止めをするので、ずれたりしてなかなか作業が捗りません。そこでクランプを使って一度横板を固定すればよいでしょう。 最後に塗装を忘れずに。 自分でウッドフェンスをを作ると職人さんの用には綺麗には出来ないと思います。しかし一度作ってしまえば、修理したり、後々増設したり、形を変えたり、好きなように出来ます。 そこがDIYの良いところです。 冒頭に書いたように外構工事はさまざま作業があります。外構工事の業者にお願いすることも良いかもしれませんが。値段も高いし、自分の好みを100%実現できないこともあります。これからも自分の力で外構工事を自分なりに好きな時に進めて行くことをお勧めします。

自宅の管理方法として、砂利を巻くことや草刈り、芝張りもしていくので手入れが少し手間がかかっていしまいます。しかし、お庭関連の専門業者がいるので、依頼してみると良いでしょう。いつまでも素敵で住みやすい自宅管理をしていきましょう。

自分だけではなかなか綺麗に保つことが出来ないお庭はプロに任せましょう。剪定はコチラのサービスを利用するのがオススメですよ!

芝張りをおこなってくれる専門業者はこちらです。経験豊富なスタッフがしっかりと対応してくれるので、仕上がりも抜群ですよ。

磨かれる技術をみると他の業者で頼むことをやめるでしょう。植木屋を大阪で頼むならここがオススメとなっています。

手入れする上でのポイント

園芸用品

手間のかかる庭木の手入れを行なう際は、はさみや脚立が必要となります。準備にも手間がかかりますが、一度購入すると長く使い続けられるので便利です。セルフと業者との手入れを上手く使い分けると、負担なくキレイを保てるでしょう。

詳しくはコチラ